叱っても行動が止まらないなら、それは叱っているつもりになっているだけ。


犬の行動を止めるためには、その子にあった強度の刺激が必要です。

最近は犬を叱ってはいけない、というトレーナーさんもいれば、

しっかり叱らないとダメです!というトレーナーさんと色々すぎて何をどうしたらいいのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、私はうちの犬を叱ります。

ただ、叱る=怒ること、ではないんです。

叱る=行動を止めること、だと考えていただけると良いと思います。

そして、犬を叱る上で大切なことは2つです。

①叱ったことでその行動を確実に止めること

②代わりにしてほしい良い行動(フセなど)を事前に教えて、犬が代わりの良い行動を取りやすくなるようにトレーニングしておくこと。

です!

なので、軽い注意にしろ、強く怒鳴るにしろ、その叱られた犬の行動がそこで止められたのかどうかを見ることが大切になってきます。

「イケナイ!」と大きな声で叫んでも愛犬が吠えるのをやめなかったとしたら、それは叱っているのではなく、ただ怒っているだけになってしまいます。もしくは、犬によっては

「構ってくれた☆イエーーーーーイ☆」

くらいに捉えている子も中にはいます。

その場合はもう、飼い主の怒鳴る反応が楽しくなってしまっているので、叱っている状態からはほど遠いですよね。

なので、自分の叱り方が正しいのか、正しくないのかは、犬の反応を見てみるとよくわかりますのでもし無駄に叱ってしまっていると感じた方は、別の方法を試した方がいいかもしれません。

そして、日々のトレーニングを通して、良い行動がしっかりと身につくようにしておくことで、叱る機会がへり、ちょっとの注意でして欲しくない行動を止めることができるようになるかとおもいます。

もし分からなければ、お近くのトレーナーさんにご相談いただけたらとおもいます。


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管