犬は家族だけど人間じゃないの


まず初めに、犬は生活スペースの大部分を人間と共有してしまっているので分かりにくいのですが、

あくまで私たちは、人間ではない別の種の動物を

「飼育・管理している」

ということを忘れないで欲しいんです。

犬は犬という動物なので、

犬にはあるけど人間にはない習性があること。

体の構造が違うこと。

必要な運動量、欲求の発散の仕方、何を食べさせるかなどの健康状態を保ったり、心理的なストレスを溜め込まない工夫をすることが

犬を飼う上で必要な知識とスキルになります。

最近では、動物園で「環境のエンリッチメント」が実施されているところが増えてきています。

何かと言うと、

猿のコーナーにアスレチックのようにロープが張り巡らせれて、

まるで森林の中のように、木と木の間を移動することができるようになっていたり、その動物本来の習性に沿った行動が取れるように

環境を整えていくことなんです。

なので、例えば愛犬を庭に放した時に、穴を掘ってしまって困るという方。

それは、実は犬の習性に沿った行動なので、穴掘りをできる環境を与えてあげることで、犬の自然な行動を引き出して、ストレスを軽減させることに成功しているんです。

動物園も顔負けの、立派なエンリッチメントです。

犬の習性や、本能的な欲求がどのようなものか知ることで、

愛犬の幸せ度をアップさせることができますよ!

愛犬の問題行動にお悩みの方でも、

エンリッチメントによって解決することもあるくらい大切なことです。

ぜひ、犬について調べてみて、

しつけやトレーニングをするのと同時に、

犬の習性や特徴にあった環境を整えてあげてください♪

#しつけトレーニング

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管