カフェや待ち時間に役立つトレーニング『アンダー』で、椅子の下で上手に待てるようになる。


今日は、犬の待機のさせ方についてお話ししようと思います。

普段みなさんは愛犬とお出かけしていますか?

出かけた先でおとなしくしていてもらえるかどうかで、

外出が楽しいものになるか、ならないか、が決まってきます。

そもそも、お出かけしたいと思えるかどうかもわかりませんね。

私の場合についてお話しますと、スミレはお出かけ練習が必要なタイプでした。

外自体が、刺激だらけで、見えるものすべて、また物音、動きに反応して、

スミレは飛びかかっていこうと引っ張るか、耳をピンと立たせて今にも道路に飛び出しそう。

街中がダメなら公園はどうかといえば、

公園には子供や、ジョギングの人、他の犬などこれまたレベルが高い。

なので、自然と慣れることを待っていても、その時はなかなか訪れないのでした。

そこで、まずは一定の条件でじっとしているという行動を教えることからスタートです。

今回は足元で伏せて待っているという行動を教えたいと思います。

では、足元に伏せることをどの様に教えるか、なのですが、

ここでは頑張って文章で説明したいと思います。

STEP1

①まずは犬を足の下に誘導します。

これは、おやつを使ってもいいです。

②おやつは、犬が足元にいる間ずっとあげていいです。

③足元から動いてしまったらあげるのをやめます。

①~③を何回か繰り返し、足元から離脱することが減ってきたら、次のステップです。

STEP2

①おやつを持たずに、指さしの誘導で足元で伏せさせます。

②足元で伏せている間中、おやつをあげます。

③立ってしまったらおやつをあげるのをやめます。

STEP3

言葉を教えていきます。

①「アンダー」と言ってから、手で足元に誘導して伏せさせます。

②足元で伏せている間じゅう、おやつをあげます。

③「おk」と言って、おやつをあげるのをやめ、解除の合図とします。

④「おk」と言っておやつをあげるのをやめても、犬が立ち上がらない場合は、

「おk」の言葉と同時に、自分も立ち上がり、犬を立たせる様誘発します。

①~④を繰り返します。

STEP4

言葉を確実に教えていきます。

①「アンダー」と言いますが、手では誘導せずに、犬の行動を待ちます。

②少し考えた後に、犬が自主的に足元に来れたら、たくさん褒めて伏せている間中おやつをあげます。

③「おk」の合図で解除します。

①~③を繰り返します。

①の時に、犬がキョトンとして足元に来ないのであれば、ステップ3に戻ります。

STEP5

場所を変えて練習します。

まずはいつものダイニングテーブルについて練習していたのなら、ソファでも練習してみます。

外で怖がったり興奮しすぎたりしない犬なら、散歩中に公園のベンチで練習してみるのも素敵です。

おやつの数と頻度は徐々に減らしていかなければならないので、

まずSTEP5までをクリアできたら、徐々に得意な場所でアンダーができた時などに、

おやつをあげない場合を作ります。

そうこうしているうちに、きっとあなたの食事中、ダイニングテーブルの伏せ始めることでしょう(^^;)

ちなみに、その時にご褒美をあげることでさらに定着しますが、足元でよだれを垂らしながら

何か美味しいものが出てくることを信じ切った瞳で見つめてくる様になります。

トレーニングして強化された行動を生活の中で生かしてこそ、しつけとして成り立つと思いますので、

まずは簡単な環境からスタートしてみてください!

ではまた!

#しつけトレーニング

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管