例えば、飛びつかないで欲しいとき。


例えば、家に帰ったとき、ドアを開けると勢い良く飛び出してきて甘えてくるワンコ達♡

喜んでくれる姿にこちらも嬉しくなるのですが、

ぴょんぴょんと飛び跳ねてしまっていませんか?

フローリングでジャンプをすると着地の際に滑ったりして関節に余計な負担がかかったり、もともと関節が弱い犬の場合は、症状を悪化させるリスクがあります(;;)

愛犬の体を心配して、飛びつきをやめさせたいとき・・・

どうしたらいいと思いますか?

方法はいろいろあります。

・飛びつく代わりにおすわりさせ、できたら褒める。

・飛びついても無視をして、地面に4本足でたつ、おすわりするなどができたら褒める。

など。

インターネットで検索すれば、もっといろいろ対処法が出てくると思いますが、今日は私のお気に入りの方法をひとつお伝えしますね。

それは、

こちらに向かってきた犬の「腰(お尻)を撫でる」です!

そもそも、お出迎えしてくれた犬がぴょんぴょん飛びつくのは、

「顔を舐めたいから」です。

歓迎のスキンシップなんですね。

なので飛びつく代わりにおすわりさせる、などの方法だと、直接触れることができないので、ちょっと悲しいです。笑

その点、お尻ナデナデ攻撃をすると、犬達はお尻をスリ寄せてきてくれることが多いので、自然と飛びつく行動を抑え、地面にいて、人にお尻を擦り寄せる行動を引き出すことができます。

それを普段の生活に取り入れてあげることで、

「おかえり!」のご挨拶は

「顔舐めさせて!」ではなく、「お尻撫でて!」

に変わっていきます。

初めての人に会うときも、飛びついてご挨拶よりは

安心で、安全ではないでしょうか。

触られることが大好きな子にはオススメです(^^)

触りすぎて興奮しすぎてしまう場合は、

加減をしていただいたり、触り方を変えたりしてみてください。

それでも難しい場合には、ご近所のトレーナーさんにアドバイスを受けてくださいね!


109回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管