こんにちは!

最近のお天気の日の暑さはハンパないですね(><)

みなさま熱中症などには本当に気をつけてください。

この暑さで胃腸が弱まって、吐いたりすることが増える子も出てきています。そんなときは、無理して食べさせようとせず、固形のものを避けて胃腸を休ませてあげましょう。

胃熱を下げる昆布だしや豆腐、大根なども疲れたカラダにおすすめです!

さて、今回は犬と人が一緒に暮らす上でのルール作りについてお話ししたいと思います。

集団で生活する上では、みんなが好き勝手に動いているとお互いにストレスを感じたり、争いの原因になったりします。

なので、動物たちはそれぞれに暗黙のルールのようなものを持っています。それは犬も人も同じですよね。

ただ、犬と人とでは、もともともっている習性や感覚の違いがあるので、一緒に暮らしているとはいえ、共通のルールを持っているわけではありません。

そこでそれぞれのお家ごとに、ルールを作っていく必要があるのです。

ルールは、人にだけ都合がいいものでも、犬にだけ都合のいいものでもうまくいきません。

それぞれのお家に適したルールをつくり、それを上手に伝えられると、それだけで暮らしが楽に、楽しくなりますよ!

どんなルールを作ればいいのかわからない、どうやって伝えたら伝わるのか教えて欲しい、という方は、ワンダーワールドまでご連絡おまちしております!


142回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管