道草を食う。


こんにちは!

ここのところ、友達やお客さん、仕事場の仲間などが次々と花粉症に悩ませれている姿を見かけるようになりました。もうそんな季節なのですね。

じつは、犬にも花粉症があるんです。花粉症以外にも、愛犬の体調に異常がないか、よく観察してあげることが様々な病気の早期発見につながります。

日ごろから注意深く見ておいてあげたいですね。

今回は、写真のボーダーコリー、ウェンディのレッスンをご紹介します♪

ウェンディは、とっても活発な女の子で、家の中で大運動会を開いたり、おさんぽの時に強い力で引っ張ったり、それでいて疲れ知らずという、まさにボーダー!な子犬です。

そんな時、ワンダーワールドのレッスンでは、のんびりおさんぽを楽しみながら、お外でたっぷり刺激を受けさせてあげるということをお伝えしています。

まだ生まれて3か月、おうちに来てから数週間、散歩に初めてでたのはつい何日か前。

そんな状態の子犬たちにとって、知らないものだらけのお外は刺激たっぷりなんです。

風の匂い、車の音、道行く人、赤ちゃんの泣き声・・・ひとつひとつが子犬にとって新鮮で、ちょっとドキドキしながら近づいては、後ずさり、また近づいて。

そういうことを繰り返しながら、世界を知っていきます。

もちろん、楽しいこともたくさん発見します。

穴を掘ったらみみずが出てきたり、木の根っこを引っ張ると楽しかったり、道端に生えてる草を片っ端から引っこ抜く遊びを発明したり。

子犬の道草に付き合ってあげることは、犬がお外は楽しい!世界は楽しい!ってことに気づくお手伝いなんです。

それが結構、大事だったりするんです(*^^*)

今日もありがとうございました♪


61回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管