お客さんでーーーす!


こんにちは!昼間はあついくらいなのに、夕方日が陰ってくると肌寒くなりますね。

ももじろうは、ブラッシングが雑だったり、さぼったりする日が続くと、お尻のあたりのフサフサの毛がすぐに毛玉になってしまいます。(><)

毛玉になってから解くのは、大変なので、日々のブラッシングが大切ですね。

ブラッシングには、いらない毛を取りのぞき、適度に皮膚を刺激することで、毛艶が良くなる効果があるんですよ♪

なのでブラッシングも、「梳かす!!」というより「マッサージをしてる」くらいの感覚でやってあげると、全身くまなく綺麗にしなくては、という思いから解放されるのではないでしょうか。笑

マッサージ感覚で気持ちよければ、ブラッシングも好きになってくれますよ♪

【ノアのトレーニング!】

ミニシュナのノアちゃん、今日も可愛い姿をたっくさん見せてくれましたよ♪

お客さまをお出迎えする練習では、声色を変えたパパさんの声に、「あなた誰!?」としっかり反応したことにはみんなで笑ってしまいましたっ(>▽<)

これも、繰り返すうちに、少しずつ大丈夫なんだと理解してくれるので、次回まで練習してみてください♪

スタッフのみなさまも、ご協力ありがとうございました♪

パパさん、ママさんの努力の成果を、ノアの成長とともに毎回感じられて、私もとっても嬉しいです♪また次回のレッスンを楽しみにしています!

今日はありがとうございました♪


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管