あけましておめでとうございます!


遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

みなさん、お正月はゆっくり過ごせましたか?

わたしは年明けから風邪をひいて、本当の寝正月になってしまいました。

おせちを食べてお腹も壊すし、これから1年分の病気を全てここで使い切ったということにしておきます。

なので、2015年、残りは健康なまま走り抜けたいと思います!

【ティノとメメ! デイキャンプ】

年明け第一弾は、常連メンバーからスタートです!

普段はお留守番があるけど、お正月は家族とのんびりできたみたい♪

犬にとって6時間を超える留守番はストレスのもとになります。

ティノはお正月家族とずっと一緒だったので、なんと!タバコの拾い食いがなくなっていたんです!これには私もびっくり〜っ

たぶん、また留守番が増えると、興奮や拾い食いもまた増えてしまうとは思いますが、留守番のストレスがなくなっただけでここまで改善されるということに改めて驚きました。

メメはお正月のあいだ、フリーでの留守番練習をママが頑張っていたようで、ちょっとずつ時間を伸ばしながら、2時間くらいの留守番なら、フリーのままイタズラもトイレの失敗もなく上手にできたいたとのこと。

明日はついに3時間の留守番に挑戦するそうです♪

メメならきっと大丈夫〜っ!

ふたりとも、久しぶりだけど仲良く遊べて良かったです。

また次回もよろしくお願いします♪


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管