寝てるとき、邪魔しちゃってない?


うちの子、噛むんです。

という相談の場合、様々な原因がありますが、中でも多いと感じるのが、

「犬を構い過ぎている」

というものです。

更に、犬が眠っているところをどかそうとしたり、撫でようとしたときに噛まれるという場合、自分に当てはめて考えてみてください。

仕事から帰って疲れて寝ていたら、大した用事でもないのにしょっちゅう起こされて、全然眠れない。

休みたいのに、「ねぇねぇ!みてみて」「ねぇ、こっちきて」と常に話しかけてくる・・・「眠いから、今やめて」といっても聞く耳持たず、しつこいのが毎回。

そりゃー、機嫌悪くなりますよね。

犬が噛むという行動に出る前には、必ず小さな声で、「やめて」と言っています。

起こしてもわざと起きなかったり、邪魔されないように移動したり、耳を後ろに引いたり、体が緊張したり、舌をペロペロしたり、あくびをしたり・・・

これらは犬のボディランゲージで、居心地の悪さ、相手にそれ以上来てほしくないことを表現しています。

でも、人はなかなかその小さな声に気付けないので、

犬は分かりやすく唸ったり、それでもしつこければ噛んでしまうようになります。

じゃぁ、どうしたらいいのかというと、

犬が寝てるときは、邪魔をしない。

です。

犬にとっても、人にとっても、リラックして休む時間は必要です。

なるべく邪魔しないで、安心して休ませてあげること。

撫でたり、抱っこしたり、話しかけたりしなくても、こちらの愛情に犬は気づいてくれています♪

なので安心して放置してあげてくださいっ笑


0回の閲覧
動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管