やってみると、意外にできる!?


今日、明日は、セミナーを聴きに、品川までお出かけです♪

ずっと楽しみにしてたセミナーだったので、わっくわく。

そして、期待を裏切らない、濃い〜い内容でした!

私の頭はパンク寸前ですが、なんとか後からメモを見て補強・・・

明日もわっくわくだぁ!



【ローちゃんのトレーニング!】

玄関を入ると、だいぶ大きくなったローちゃんがお出迎えしてくれましたぁ!

あれ?

でも、

ちょっとポッチャリしてきちゃったかも?笑

子犬は日々成長して、なかなか体重による食事の量の調節が難しいのですが、ガリガリもおデブも、体に悪いので、気をつけて様子を見てあげましょう!

前回までの内容を復習しながら、今日はローちゃんとこのお兄ちゃんにも、トレーニングを手伝ってもらっちゃいました。

小さな子どもと犬との関わり方って、結構難しいのですが、犬がある程度トレーニングに慣れてきて、オスワリ、フセなどの意味を理解できるようになったら、意外と子どもがやってみてもできちゃったりするんです!(もちろん、大人がサポートはしています。)

上手くいったときは、犬も子どもも、思いっきり褒めてあげてください。

お互いに、この状況にいいイメージを持てると、犬と一緒にいること、子どもと一緒にいることが楽しいと思えて、お互いを好きになれますよっ

ロー:でもさ、あんまり激しいとちょっと怖いんだよね・・・

やっぱり子どもの急な動きや、大声にはまだちょっと慣れないよね。

それでもずいぶん家の中で堂々としてきたし、横で騒いでる中でも、前よりリラックスできてるよ〜

また次回も宜しくお願いしますっ

宿題も頑張ってください♪


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管