「再会」はさりげなく♪


10月20日、月曜日な上に五十日ということで、いつもより道路が混んでいました〜!

五十日なんて、車を運転するまでは全く意識したことがありませんでしたが、本当に混むんだな〜!とびっくりです。

【シェリーちゃんとジャスミンちゃんのドッグトレーニング!】

この前、ピンポンに吠えない練習をしたので、お家のチャイムを鳴らすときはドキドキ!どうかな〜?と思いながら「ピンポーン♪」と鳴らしてみると・・・

「ワン!」「ワン!」

・・・あれ?(^^;)

「シーン・・・・」

・・・お!

ガチャ!「ハイ!こんばんはー!」

おおお〜!

吠えたのは一瞬だけで、あとは静かにお出迎えしてくれました〜♪

よかったぁ〜!

まだ、大好きなパパが帰ってくるときとか、人が家の中に入って来てしまうと、ピョンピョンしながら喜びのワンワンが出てしまうみたいですが、そんなときは、

犬から顔を背けて、視線を外します!

ただいまー!とか、ハイハイ、って軽く撫でるだけでも、喜びすぎて興奮しているふたりには逆効果

大人な落ち着いた犬が、興奮した犬に向けて「落ち着いてー。」というメッセージを送るときの仕草を真似して、「見ない、触らない、話しかけない」を徹底しましょう。人の感覚からすると、まるで無視をしているように感じてしまうのですが、犬の言葉では、顔を背ける、視線をそらす、背を向ける、じっと動かない、という行動で、相手の犬に「落ち着いて」と語りかけているんです。

そして、相手が落ち着いてから、静かに視線を送って、ただいま〜といって挨拶してあげてください♪

これは、一日の中に何度もある「再会」のシーンで毎回気をつけてやってみてください。他の部屋から戻って来たとき、散歩から帰ってきたとき、外出から帰ってきたときなど、ほんの短い時間の別れの後の再会も、出来るだけさりげなく、を意識してみてくださいね〜♪

今日は二人とも、お散歩のときに車どおりの多い道を歩くときなどに、ママの横について歩く練習をはじめました。

ジャスミンちゃんはすっかりトレーニング大好きになってしまって、やる気満々です!次はなに〜?とママの方をキラキラ見つめる瞳がたまりません♪横につくのも、こんなの簡単よ〜!とばかりにマスターしつつあります!

シェリーも同じように練習♪

ちょっと苦戦してましたが、だいぶしっくりしてきたかなぁ?

終わったあとはソファでまったり〜

いつもトレーニングのときは、一頭ずつやっているので、どちらかはハウスで待機です。レッスンに行き始めたころは、ハウスで待たされてる方がピーピー激しく鳴いていましたが、少しずつ順番に相手をされることに慣れて来ています。目標は、二人ともフリーになっているときでも今はシェリーの番、今はジャスミンの番、ということが分かるようになることかな!

それでは、また次回もよろしくお願います♪


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管