8月は長いお休みをいただき、軽井沢で保護犬の一時お預かりを3週間させていただきました。

アメリカンピットブルMIXの女の子、スーちゃんこと、

スミレちゃんです♪

ただいま新しいご家族を募集中ですので、詳細は→仮ママさんのブログをご覧ください!

さて、3週間もの間、いったい何をしていたのか・・・?

というと、何もしないということをする。といったらいいのでしょうか。

犬がストレスを感じるようなことをしない。犬の邪魔をしない。

犬にとって心地よかったり、楽しかったり、安心できる環境を整えてあげて、後は何もしない。むこうから寄ってきたときだけ撫でたり、マッサージしてあげたりするだけ。時間があれば一緒に昼寝をしたり。

あえてトレーニング!!と気合いを入れていろいろやらせようとしなくても、落ち着いた精神状態の犬は、特に問題なく人と暮らしていけます。

スーちゃんは、食べ物にものすごく興奮するので、オヤツを使ってのトレーニングはまだできません。興奮状態の頭では、新しい物事を学習することも難しいです。

なので、まずは落ち着いている状態が普通になるように、興奮させない生活を心がけます。

落ち着いている、というベースの部分は、日々の生活の中で培われていきます。

飼い主の犬への接し方が最も大切です。

大きな声や物音、素早い動きなどは、それだけで犬を興奮させるきっかけになります。犬がよく吠える、噛むなど、興奮しやすい場合は、まずは穏やかな口調で静かに話す、ゆっくり動く、などのことに気をつけることからはじめてみるといいと思います。

軽井沢でのスーちゃんの様子はこちら→薮からスティックはちゃめちゃワンワンブログをごらんください♪


9回の閲覧

最新記事

すべて表示

甘噛みには種類がある

甘噛みといえば子犬のお悩みトップ3に常にランクインですが、 その行動の理由にはいくつか別々の理由があること、気がつかれた方いるでしょうか? 私は、大きく分けると ・じゃれガミ ・暇つぶしガミ ・嫌々ガミ の3種類になるかなあと思います。 【じゃれガミ】は、興奮したり、構って欲しかったり、エネルギーが有り余っているときに、飼い主の足や手、顔などに噛み付いてくるもの。 興奮しているとなかな力も強く、し

甘噛み・イタズラ。硬いものを噛みたい性分なんです。

犬は手の代わりに口を使ってなんでも器用にこなします。 口先の感覚も鋭いですし、顎の力は私たち人間なんてはが立たないほどの破壊力です。 小型犬でも本気を出されれば指の骨は余裕で折れちゃいます(^^;) 犬たちにとって、口を使うということは本能的に行われる行動なので、 何かを噛みたい、口を使いたい、という欲求は常に持っています。 それが好奇心の強い子犬や若い犬ならなおさらです。 自分の力を試したくなる

秋田犬ちゃんの出張トレーニングに行ってきました。

半年ぶり2回目の秋田犬ちゃん。 初めてのしつけトレーニング時はまだ生後8ヶ月でしたが、今や1歳もすぎてすっかり立派な体に成長していました。 当時のしつけのお悩みはお散歩中に飼い主の足やリードに噛み付いて制御不能になることでしたが、今はもう噛んでくることはなくなり、だいぶ落ち着いて歩けるようになったとのことで安心しました。お外でもロングリードを付けてボール投げをして遊んだりしているそうで、嬉しいです

動物取扱業登録番号
第83-0177号 種別:訓練 
 第83-0178号 種別:保管