〒224−0015 神奈川県横浜市都筑区牛久保西3−4−8

TEL:080-2013-4323      yukari.ymzk@gmail.com

BLOG

みんなのレッスン日記・しつけコラム   

出張ドッグトレーニング、ワントレなど、日々の活動の様子をご紹介します♪

 

セロトニンとは、感情のコントロールに一役買っていると言われている、脳内の伝達物質です。

漲ってきた時にはアドレナリン、ストレスを受けた時にはコルチゾール、愛情ホルモンのオキシトシン、様々な心と体の状態には、それぞれ関連があるとされる物質があるそうです。

セロトニンは日光浴をしたり、運動したり、リラックスするとたくさん作られるそうなのですが、セロトニンを作るのには実は材料が必要なんです。

それがトリプトファンと呼ばれるアミノ酸の一種で、魚や野菜、大豆製品などに多く含まれているそうです。

攻撃性のある行動が出やすい子、不安定でビビりっぽい子など...

唸る、噛む、逃げるなどは犬の拒絶の表現ですが、

そのような表現が出た時にやろうとしていたことやめてしまうと、慣らすのが難しくなってしまいます。

例えば、ブラッシングなら、嫌がるワンコにブラシを当てて、嫌だ!と歯茎を見せてムキムキしてきたとします。

そんな時、あなたはどうしますか?

嫌だった?ごめんね!

とブラッシングを中断してはいませんか?

できれば、そこではブラシを引っ込めることはせずに、

ブラシをその場から動かさないでムキムキしなくなるのを待つ、ということをしてみてください。

引っ込めてしまうと、ムキっとして威嚇をすれば、この時間が終わる、とい...

犬の行動を止めるためには、その子にあった強度の刺激が必要です。

最近は犬を叱ってはいけない、というトレーナーさんもいれば、

しっかり叱らないとダメです!というトレーナーさんと色々すぎて何をどうしたらいいのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、私はうちの犬を叱ります。

ただ、叱る=怒ること、ではないんです。

叱る=行動を止めること、だと考えていただけると良いと思います。

そして、犬を叱る上で大切なことは2つです。

①叱ったことでその行動を確実に止めること

②代わりにしてほしい良い行動(フセなど)を事前に教えて、犬が代わ...

3回までは大喜びで走っていくけど、4回目でボールを取りにいくのをやめてしまうなら、1回目か2回目でやめること。

引っ張りっこ遊びで10分遊ぶと飽きてしまうなら、5分でやめる。

おすわりの練習をしていて、5回までは喜んで座ってご褒美をもらうけど、6回目くらいから動きが 鈍くなるなら、連続で座らせるのは3回までにする、など。

もっとしたかったのに!

もっと欲しかったのに!

と名残惜しい気持ちにさせることで、次の機会への期待が高まり、意欲を引き出すことができます。

ついつい、犬がせがめば飽きるまでボール投げ遊びに付き合ってしまいますし、ご褒美をあげる...

迷子札の重要性があまり浸透していない気がします。

わたしが今まで迷い犬を見つけた際に、一番スムーズに飼い主が見つかったのは、首輪に電話番号の札がついていたときです。

自宅の目の前の緑道で一人でウロウロしていたのですが、

人懐こい犬だったので、すぐに寄ってきてくれました。

首輪をしていたので見てみると、電話番号とワンちゃんの名前が書いてありました。電話するとすぐに飼い主さんにつながり、いますぐ迎えに行きます!とお返事が。2時間後には車で迎えにきたオーナーさんと一緒に迷子ちゃんは帰って行きました。

最近はマイクロチップが普及してきて、ペットショッ...

Please reload

Featured Posts

春のパピーピクニック♪

March 22, 2015

1/4
Please reload

Recent Posts

October 19, 2019

Please reload